1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東大発AIベンチャー企業がAIを使った自動搬送ロボットの開発に成功

2019年12月27日

東大発AIベンチャー企業がAIを使った自動搬送ロボットの開発に成功

東京大学の学生らが設立したAIベンチャー「TRUST SMITH」は26日、東大に所属する開発者が研究開発した技術を応用して、人工知能(AI)を使った自動搬送ロボットの開発に成功した、と発表した。

同社が開発に成功した自動搬送ロボットは、ロボット自身が前後左右や路面の凹凸、段差などを検知して、目的とする場所まで自律走行し移動するタイプの物流ロボット。

作業者が荷物を積載すると、それらをロボットが自動で運搬し、作業者の移動量を大幅に低減でき、搬送作業における生産性向上が期待できる。

独自の技術を用いた空間センシング機能で、周辺をセンサーで感知しながら障害物を自動で回避し、荷物を安全に搬送する。

施設内の静止した物体だけではなく、移動する人々なども自動で回避しながら走行することができ、従来の搬送ロボットでは不可能とされていた、作業員との協働作業も実現できる。

CADデータで地図内に目的地を設定すれば、その場所まで自動で向かわせることができる。タブレットを用いて誰でも直感的に操作ができ、現場での追加の教育コストも不要。

従来のAGV(Automated guided vehicleの略称で自動運転車の一種)は、施設への導入時、ガイドなどのインフラ整備といった大規模な設備変更が必要になるのに対し、この自動搬送ロボットは、既存設備やオペレーションの変更が不要で、施設のダウンタイムを発生させることなく、すぐに導入ができる。

また、従来のAGVで必要だった、設備変更にともなう莫大な初期費用が不要となり、1台から試験的に導入することもできる。これにより、リスクも最小限に押さえられる。

関連URL

TRUST SMITH

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス