1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ポプラ社、第1回「SDGs全国子どもポスターコンクール」の結果を発表

2020年11月11日

ポプラ社、第1回「SDGs全国子どもポスターコンクール」の結果を発表

ポプラ社は10日、第1回「SDGs全国子どもポスターコンクール」の最終選考会の結果を発表した。

今回のコンクールは、作品の募集期間が新型コロナによる休校の時期と重なる中、全国から⼩学校54校1845点、中学校37校667点の力作が寄せられた。

9月中旬に行われた1次選考会で約370作品に絞られ、10月13日に東京・新宿区⽴新宿歴史博物館で行われた最終選考会で、優秀賞9作品とテーマ賞34作品が決定した。

各テーマに多くの応募があったが、最も多く応募があったのはSDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」で、最も少なかったのは目標8「働きがいも経済成長も」だった。

応募作品には、子どもたちの作品への思いがコメントとして添えてあり、審査員各氏は、絵の迫力やそのメッセージに圧倒され、選考には約3時間を要した。

受賞作品は、同コンクールのホームページで発表しており、世界的イラストレーターの黒田征太郎氏によるコラボ作品・その制作風景動画もあわせて公開中。

同コンクールは、全国の小中学生たちがSDGsについて調べたり、考えたりするきっかけとなり、SDGsの推進へとつながるようにと企画された。

今年6月、ポプラ社から刊行された「SDGsのきほん 未来のための17の目標」シリーズ(全18巻)の著者・稲葉茂勝氏が、同コンクールの実行委員長を務め、表紙絵を手がけるイラストレーターの黒田征太郎氏は、応募作品とのコラボ作品提供で参加している。

関連URL

「SDGs全国子どもポスターコンクール」審査結果の詳細

「SDGsのきほん 未来のための17の目標」

ポプラ社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス