1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ポプラ社、第1回「SDGs全国子どもポスターコンクール」の結果を発表

2020年11月11日

ポプラ社、第1回「SDGs全国子どもポスターコンクール」の結果を発表

ポプラ社は10日、第1回「SDGs全国子どもポスターコンクール」の最終選考会の結果を発表した。

今回のコンクールは、作品の募集期間が新型コロナによる休校の時期と重なる中、全国から⼩学校54校1845点、中学校37校667点の力作が寄せられた。

9月中旬に行われた1次選考会で約370作品に絞られ、10月13日に東京・新宿区⽴新宿歴史博物館で行われた最終選考会で、優秀賞9作品とテーマ賞34作品が決定した。

各テーマに多くの応募があったが、最も多く応募があったのはSDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」で、最も少なかったのは目標8「働きがいも経済成長も」だった。

応募作品には、子どもたちの作品への思いがコメントとして添えてあり、審査員各氏は、絵の迫力やそのメッセージに圧倒され、選考には約3時間を要した。

受賞作品は、同コンクールのホームページで発表しており、世界的イラストレーターの黒田征太郎氏によるコラボ作品・その制作風景動画もあわせて公開中。

同コンクールは、全国の小中学生たちがSDGsについて調べたり、考えたりするきっかけとなり、SDGsの推進へとつながるようにと企画された。

今年6月、ポプラ社から刊行された「SDGsのきほん 未来のための17の目標」シリーズ(全18巻)の著者・稲葉茂勝氏が、同コンクールの実行委員長を務め、表紙絵を手がけるイラストレーターの黒田征太郎氏は、応募作品とのコラボ作品提供で参加している。

関連URL

「SDGs全国子どもポスターコンクール」審査結果の詳細

「SDGsのきほん 未来のための17の目標」

ポプラ社

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス