1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、利用者が努力量を競う「第14回すららカップ」の結果を発表

2018年2月8日

すららネット、利用者が努力量を競う「第14回すららカップ」の結果を発表

すららネットは8日、2017年12月1日から2018年1月31日まで開催した「すらら」の利用者が努力量を競う大会「第14回すららカップ」の結果を発表した。

0208-srl「すららカップ」は、偏差値や点数ではなく「総学習時間」という “どれだけ努力したか”の努力指標で、学年やエリアを問わず、すべての「すらら」利用者同士(小学1年生から社会人まで)が競い合う大会。「すらら」の利用者が、「努力指標」と「努力の結果である成績向上」を意識することで「やればできる」というマインドセットを醸成することを目的としている。

今回新設した「低学年賞」は、小学校1年生~3年生が学習時間で競うランキングだが、 1位に輝いたのは大阪府在住の小学校1年生で、2カ月間毎日ログインして学習した。学習時間の記録は約150時間におよぶ。「すららカップ」期間中に低学年の学習範囲をほぼ学び終え、高学年の算数や、英語の先取り学習にも挑戦した。

学年を問わない全国ランキングの個人部門では、通信教育として自宅で「すらら」を受講している宮崎県在住の中学2年生の生徒が優勝した。また11位には英語の学び直しに取り組むシニアが、14位には小学校1年生がランクインするなど、幅広い年齢層が入賞し、学年問わず共通の「努力の量」で競い合う、「すららカップ」らしいランキングになった。

全国ランキングのチーム対抗部門では、岡山県の学習塾、西田学習指導塾「SHA3」が優勝し、同塾としては2大会ぶり3回目の全国制覇を達成した。また8位には学校からのエントリーチームである福井県の啓新高等学校「チーム啓新」が入賞した。

期間中の12月、1月でそれぞれ30時間以上学習した生徒を全員表彰する「チャレンジW30賞」の受賞者は、昨年大会の人数の210%にあたる127名となった。年齢層は小学校1年生から社会人まで幅広く、塾や学校に所属する生徒、海外在住の生徒など、多様な学習スタイルの生徒が受賞している。

第14回すららカップ概要

実施期間:2017年12月1日(金)~2018年1月31日(水)
対象学年:問わず
科目:英語・数学(算数)・国語
範囲:小1~高3の履修範囲
開催部門・審査基準:
個人部門(総学習時間の全国上位20名)
チャレンジW30賞(ひと月30時間以上の学習時間を2か月連続で達成、
もしくは、 期間中毎日1ユニット以上の学習を達成の、 いずれかに該当した全ユーザー)
低学年賞(小学1年生から3年生の受講生対象、 総学習時間の全国上位20名)
チーム対抗部門(3名1組によるチームの、 総学習時間の全国上位20チーム)
賞品:(個人/チーム対抗部門)※その他部門でも各賞品を用意
1位:クロームブック ASUS  2位:パロット ミニ ドローン  3位:チャムス デイパック

関連URL

すららネット

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録