1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 第1回「きぼう」ロボットプログラミング競技会で14歳・15歳のManai研究生が優勝

2020年11月5日

第1回「きぼう」ロボットプログラミング競技会で14歳・15歳のManai研究生が優勝

Manai Enterpriseは、10月8日に開催された第1回「きぼう」ロボットプログラミング競技会・決勝戦で、Manaiの研究生が所属するチームが日本代表として参加し、プログラミング部門で優勝したことを明らかにした。

「きぼう」ロボットプログラミング競技会は、国際宇宙ステーションで実際のドローンロボットを使用し、さまざまな問題を解決するプログラミングコンテスト。JAXAがNASAと協力して開催し、7つの国と地域から313チーム、1168名が参加した。

各参加国で予選が行われ、予選優勝チームが各国の代表として、国際宇宙ステーション「きぼう」船内で開催される決勝戦に参加した。決勝戦には予選優勝者6チームが出場し、ドローンロボットをプログラミング操作し、仕掛けられた課題(ターゲットへの移動、およびレーザー照射)をクリア。ターゲットに到達しレーザー照射を行うまでの時間と照射位置の正確性を競った。

Manaiは、多国籍の高校生たちが自身のサイエンスプロジェクトに打ち込む、新しいスタイルの学びを提供する研究機関で、昨年9月に東京・市ヶ谷に開設された。今回優勝した日本代表チーム3名のうち2名は、現在14歳と15歳のManai研究生で、プログラミング分野、数学分野においてManaiで研究活動を行っていた。

関連URL

「きぼう」ロボットプログラミング競技会公式サイト

Manai

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス