1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルク×17LIVE、「目指せバイリンガルライバー!」18日から開始

2020年12月9日

アルク×17LIVE、「目指せバイリンガルライバー!」18日から開始

ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」を運営する17LIVEとアルクは共同して、短期集中英会話プログラム「目指せバイリンガルライバー!~アルクの英語チャンネル~」を12月18日からスタートする。

配信では、イチナナライバー3名が「海外から初見の視聴者が来た!なんて挨拶する?」「海外のライバーに英語で話しかけたい!」など、ライブ配信ならではのシチュエーションでレッスンやゲームを行う。配信の前半はアルクの英会話教材「キクタン」シリーズを活用してプロの講師がグループレッスンを行い、後半はゲームやチャレンジなど、視聴者も一緒に学べる参加型のアクティビティを提供する。

3名のライバーは、配信授業以外でもライブ配信を行う予定で、ライバーが英語を習得するプロセスを視聴者も楽しみながら一緒に英語を学習できる、新たなジャンルの企画を目指している。また、配信の様子は「ENGLISH JOURNAL ONLINE」でも記事化される。

配信の視聴は無料。「17LIVE」をダウンロードして視聴することで、アルクの「キクタン」の教材を体験することができる。なお企画開始に先駆け、事前予告配信を9日19:30から「17LIVE」で実施する。

関連URL

「17LIVE」アプリの無料ダウンロード

配信アカウント「アルクのイチナナ英語クラブ」

17LIVE

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス