1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 学校で世界の課題を考える「ユネスコスクールSDGsアシストプロジェクト」助成校を募集

2020年12月9日

学校で世界の課題を考える「ユネスコスクールSDGsアシストプロジェクト」助成校を募集

日本ユネスコ協会連盟は7日、学校で世界の課題を考える「ユネスコスクールSDGsアシストプロジェクト」助成校の募集を開始した。

同連盟は三菱UFJ銀行の協力のもと、持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて行われている「持続可能な開発のための教育(ESD)」を実践するユネスコスクールを対象に、2009年から活動費用の助成を行っている。

2019年度事業成果は、活動校115校、参加した児童・生徒数は2万1736人、累計助成校 のべ973校。

募集概要

対象:国内のユネスコスクール加盟校
対象分野:ESDを実践する上で必要な教材の購入やプログラム運営費など
助成金額:上限10万円枠(70校程度)/上限30万円枠(5校程度)【予定】
募集期間:12月7日(月)~1月8日(金)正午 ※データ提出のみ
詳細

関連URL

ユネスコスクール

助成校の活動事例

SDGsと持続可能な開発のための教育(ESD)

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス