1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 鳥取県eスポーツ協会、「ゲーミング英会話」を開始 無料体験モニター校募集

2020年12月16日

鳥取県eスポーツ協会、「ゲーミング英会話」を開始 無料体験モニター校募集

鳥取県eスポーツ協会は15日、KREDO IT ABROAD(フィリピン・セブ州)と業務提携を結び、eスポーツ教育による次世代グローバル人材を目指す「ゲーミング英会話」を共同開発し、サービスの提供を開始したと発表した。全国の小学校から大学対象に、「ゲーミング英会話」の無料体験レッスンが受講できるモニター学校を10校限定で募集する。

従来の英会話レッスンは、英語を勉強することが目的となっており、本来の英語の目的であるコミュニケーションをとるということが置き去りにされてきた。そのため学習に楽しさを見いだせず、継続した学習が困難になっていることも珍しくない。ゲーミング英会話は、英語でeスポーツ(好きなこと)をすることで継続し、英語にハマり、最終的に英語力を伸ばすことを目的としたサービス。英語の本来の目的である「人とコミュニケーションをとること」を体感しながら学習を進めていくことで、継続した学習が期待できるという。

ゲーミング英会話は、英語を用いて複数人でオンラインゲームのボイスチャットによってコミュニケーションを取ることで、子供達は英語に親しみを持ち、生きた英語力はもちろん、協調性と多様性も身に付けることができる。また、「英語」以外にも今後は「プログラミング・IT」スキルも非常に重要になる中、プログラミングは英語で学ぶには最適な分野の一つであり、同社では英語でのITレッスンも同時に提供する。「eスポーツ×英語×プログラミング」教育を通して、これからの時代に必要なスキルや能力を身に付け、世界で活躍できるグローバル人材の輩出を目指す。

鳥取県eスポーツ協会は、「鳥取から世界へ」という理念のもと、「eスポーツ×地方創生×グローバル人材育成」に関連する事業を行なっており、eスポーツをキッカケに「時代の変化に対応できる市場価値の高いグローバル人材の育成/輩出」を目指している。

関連URL

「ゲーミング英会話」

Kredo

鳥取県eスポーツ協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス