1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「D&Sハッカソン」、最優秀賞はながらトレーニングの支援アプリ

2020年12月23日

「D&Sハッカソン」、最優秀賞はながらトレーニングの支援アプリ

第一生命情報システムとスミセイ情報システムは11月19日~12月3日にかけてオンラインで「D&Sハッカソン」を共同開催、CambrianRoboticsの「obniz」は製品と技術の両面で支援を行った。

チーム内での協議の様子

同イベントは、DX(デジタルトランスフォーメーション)の担い手となる人材の育成や人材交流を目指して、今回初めて開催された。2社からエンジニアやディレクター、デザイナーなどさまざまな職種の社員59名が参加し、11月19日に行われたアイデアソンであがった362案から絞られた14案で、2社の混合チームを結成、今月2日から3日にハッカソンと審査が行われた。

今回CambrianRoboticsは、IoT初心者向け「obniz Starter Kit」を提供。また11月25日に行われたハンズオンでは、Kitに入っている「obniz Board」のさまざまな機能をオンラインで説明しながら実際に試してもらい、各チームのアイデアにどう技術として活かすかを検討してもらった。また、2日と3日に開催されたハッカソンでも、各チームが技術面の壁にぶつかった場合に、アイデアを確実に実装できるよう、基本的機能だけでなく応用的な使い方までアドバイスした。

14チームのうち、obnizの技術を採り入れてカタチになったアイデアは8作品。その中で、チーム「いい汗かこうぜ!!」の「ドキッ!(ムキッ!)地獄の在宅筋務!!」が最優秀賞、obniz賞、オーディエンス賞を獲得した。ステイホームで運動不足に悩む人が多いなか、筋トレを日常生活に溶け込ませるアプリを提案した。

関連URL

最優秀賞作品の詳細

「obniz」

CambrianRobotics

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス