1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 学習アプリ「SANTA TOEIC」、東北工大での導入事例と学会発表の内容を公表

2020年12月25日

学習アプリ「SANTA TOEIC」、東北工大での導入事例と学会発表の内容を公表

Langooは24日、同社のTOEIC学習アプリ「SANTA TOEIC」が、最大で390点のスコアアップを達成した東北工業大学での導入事例と学会発表の内容を公表した。

同社は今年4月から、外出自粛要請で十分な英語学習環境を提供できない大学をはじめとする高等教育機関に対し、AIを活用したTOEIC学習アプリ「SANTA TOEIC」と「法人向け学習管理システム(LMS:Learning Management System)」を無償提供した。

無償提供先の東北工大では、学内希望者に「SANTATOEIC」を提供。近隣地域別大学でも、英語クラスの副教材として採用された。

また、今月12日と13日に行われた「関東甲信越英語教育学会 第44回オンライン研究大会」で、東北工大の佐藤夏子准教授が、「SANTA TOEIC」の活用方法と効果について発表した。

佐藤准教授によると、英語非専攻の大学1年生の学生36人に、授業が開始された5月11日から3カ月間で2000問を目標に取り組むよう指示。

また、学生がお互いに刺激を受けることができるように、各学生の「SANTA TOEIC」の取組状況(学生の平均問題取組数、TOEIC予想スコアの平均値、平均上昇値)を学習管理システムから取得し、毎週Google Classroomのストリーム上に発表した。

その結果、「SANTA TOEIC」の問題2000問は数人を除き全員がクリアし、TOEICの予想スコアも最初の診断スコアから平均107点上昇。

また、学生が提出したレポートからは、アプリで学習のモチベーションを高められたことがうかがわれたという。

同社が、これら36人の学生の学習データをさらに分析したところ、最大で390点のスコアアップを達成しており、最多問題解答数も4084問にまで及んだ。全体のスコア分布の変化からも、クラス全体の英語力が底上げされたことがはっきりと伺えたという。

「SANTA TOEIC」は、従来の画一的なTOEIC学習と異なり、一人ひとりの習熟度に合わせて、最適な学習カリキュラムをAIが作成するアプリ。今年12月時点で、国内外の利用者数が125万人、総回答数1億問を突破した。

関連URL

関東甲信越英語教育学会 第44回オンライン研究大会発表要綱(PDF)

「SANTA TOEIC」

Langoo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ ICT教育モデル校が積極導入! 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス