1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大、先鋭的オンライン授業・サポート体制が評価され情報処理学会で「優秀発表賞」受賞

2020年12月29日

武蔵野大、先鋭的オンライン授業・サポート体制が評価され情報処理学会で「優秀発表賞」受賞

武蔵野大学は25日、武蔵野大学MUSICの教職員5人(田丸 恵理子センター員、渡邊 紀文准教授、中村 太戯留准教授、横山 誠助手、上林 憲行センター長)の論文が「情報処理学会 情報教育シンポジウム (SSS2020)」で「優秀発表賞」を受賞したと発表した。MUSICとは、Musashino University Smart Intelligence Centerの略。

「情報処理学会 情報教育シンポジウム(SSS)」は教育へのIT活用という側面では最も活発に活動している学会の一つ。今年で22回目を迎える学会では、新型コロナウイルスへの対応のために急遽オンライン化に取り組まざるを得ない学校が多かったことから、実践的な取り組み事例の発表が強く求められたという。

同論文はMUSICヘルプデスクや情報科目、関連各部署が連携を図り、どのようにBYOD(Bring Your Own Device)、及びオンラインによる学生の学びをサポートしたのかを様々なデータに基づき明らかにした。その結果、全40組の応募の中から3組に与えられる「優秀発表賞」を受賞。同大学で先行してBYODやヘルプデスクの運営による先鋭的な活動を行ってきており、そこで取得したデータに基づく経験が高く評価された結果だという。

情報処理学会 情報教育シンポジウム(SSS2020)は、12月19日・20日に開催。論文タイトルは、「武蔵野大学におけるオンライン授業を支援するヘルプデスクの取り組みと運用データに基づく評価 -BYODからオンライン授業支援への拡張-」。

関連URL

情報処理学会 情報教育シンポジウム(SSS2020)

武蔵野大学 MUSIC

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス