1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 関西大学先端科学技術シンポジウム「関西大学の理工系研究の最前線」オンラインで開催

2021年1月21日

関西大学先端科学技術シンポジウム「関西大学の理工系研究の最前線」オンラインで開催

関西大学は、第25回先端科学技術シンポジウム「関西大学の理工系研究の最前線」を、1月28日・29日にオンラインで開催する。29日には、医系研究機関との共同研究成果を報告する、関大メディカルポリマーシンポジウムも同時開催する。

メインテーマを「関西大学の理工系研究の最前線」とし、2日間で11の研究グループ、46件の講演を行うほか、同時開催として、別の研究機構が展開する研究発表セッションも設ける。

開催概要

開催日時:1月28日(木)・29日(金)いずれも10:00~17:00
開催方法:オンライン(Zoom)
主な講演タイトル:
・移動ロボットによる床の照度マップ生成システム
・文化遺産の修復、維持管理のためのICTアプローチ
・緊急救命避難支援システムの災害発生検知精度向上
・高解像度コンピュータホログラフィの展開

当日の発表テーマおよびスケジュール等の詳細

また、学生や若手研究者たちの研究ポスターの公開も行う。内容は、「環境保全・資源再生」、「エネルギー」、「情報通信・エレクトロニクス」、「ものづくり」、「診断・評価」、「生活支援」、「医エ連携」、「自然科学一般」等に係るもので、同シンポジウム特設サイト内にて掲出する。

関大メディカルポリマープロジェクトの研究成果報告
【日時】1月29日(金)13:00~17:00
【開催方法】オンライン(Zoom)
【主な講演タイトル】
・縫合か?切除か?から次の時代へ
・マイクロ波を用いた非接触による生体計測とその応用
・細胞内薬物送達を目指したソフトナノ粒子
・肺高血圧症の非侵襲診断手法の開発
発表テーマおよびスケジュール等の詳細

関連URL

関西大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス