1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 600万解答突破の英単語学習サービス『BooQs』が英熟語問題集の提供を開始

2021年2月1日

600万解答突破の英単語学習サービス『BooQs』が英熟語問題集の提供を開始

ブックスは1月29日、心理学をはじめとした学習の科学に基づいた効率的な英単語学習サービスBooQから、頻出の英熟語500語を学べる問題集の提供を開始したと発表した。

同サービスでは、記憶と学習効率およびモチベーションと習慣に関する心理学を採用することで、挫折せずに効率的な学習を続けることができるもの。このたび、英国国立コーパスの1億語を分析して導き出された、500語の頻出の英熟語を学ぶことのできる問題集の提供を開始した。

英語力の向上のために英熟語を覚えることは重要だが、英熟語には単語から意味を推測できないものも多いため、その学習は困難だった。この課題の解決に取り組んだのが、第二言語の語彙習得・語彙教育の専門家であるイギリス・ノッティンガム大学の言語学者Norbert Schmit教授。シュミット教授は、英国国立コーパス(The British National Corpus)の1億語を分析し、その中で利用されている英熟語を頻出順に並べたリストを作成。それが『The Phrasal Expressions List』、略称『PHRASE List』で、単に頻出英熟語を集めただけでなく、それぞれの英熟語の場面別(「日常会話」「文章」など)の頻出度も記載された教材になっている。

以前より、同サービスのユーザーから、英熟語の問題集を望む声は多く、このPHRASE Listを日本語化して、PHRASE Listの英熟語を学べる問題集の提供を開始した。同社がリースする英熟語の問題集は、『和訳4択問題』『英訳4択問題』『スペリング問題』『リスニング問題』『例文英訳3択問題』『例文和訳3択問題』の6種類。ユーザーの学習目的に合わせられるように、選択問題には英訳・和訳の両方を用意。スペリング問題は、英熟語のつづりを覚えたいユーザーに役立つ。リスニング問題を使えば、英熟語の聞き取りを鍛えることができ、例文問題を活用すれば、文章の中で英熟語の使い方を学ぶことができる。さらに問題を解くと表示される『解説ページ』から、PHRASE Listが提供する『英熟語の場面別の頻出度』を確認することも可能。

関連URL

英熟語の問題集

PHRASE Listが確認できるシュミット教授のWebサイト

ブックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス