1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもの基礎学力を把握している日本の保護者割合は11カ国中最下位=スプリックス調べ=

2021年2月4日

子どもの基礎学力を把握している日本の保護者割合は11カ国中最下位=スプリックス調べ=

スプリックス基礎学力研究所は2日、世界11カ国において子ども・保護者を対象に学習に関する「意識調査」、および基礎学力を測る「学力調査」を実施、その結果を公表した。

第3回目となる今回は、日本の保護者は子どもの基礎学力のレベルを把握しておらず、学校のテスト結果への関心が世界と比較した際に極めて低いという課題が明るみとなった。

子どものテスト結果への信頼に関する調査では、「とても信頼する」と答えた日本の保護者は5割未満で、11カ国中最下位。さらに、子どものテスト結果の把握実態については、日本の保護者の約8割が子どものテスト結果をよく知っていると答えたが、世界11カ国と比較すると下から2番目で、子どものテスト結果への関心や認識が、世界と比較すると低いことが改めて浮き彫りになった。

保護者が考える、子どもがもっと勉強するために必要な要素は、11ヵ国全体でも日本でも、 「定期的に学力レベルを評価した方が良い」「身近な目標を持つべきだ」「親が勉強したことを褒めるべきだ」の3つの要素が上位。

子どもがもっと勉強するために「親が勉強したことを褒めるべきだ」と考える日本の保護者は多い一方で、実際に「勉強したことを褒める」割合は11カ国中最下位だった。

今回の調査地域は、日本・アメリカ・中国・インド・イギリス・フランス・ポーランド・タイ・インドネシア・マレーシア・ミャンマー。調査対象の子どもは、6歳~15歳(各国1000名・11カ国の1万1000名)で、保護者は、上記子どもの保護者。調査手法はインターネット調査で、実施期間は2020年8月~9月。

関連URL

スプリックス基礎学力研究所

スプリックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス