1. トップ
  2. データ・資料
  3. 全国の親6116人対象に「子どもの“あそび”と“まなび”への意識と実態」を調

2021年3月16日

全国の親6116人対象に「子どもの“あそび”と“まなび”への意識と実態」を調

イオンファンタジーの研究組織「エデュテイメント研究所」は15日、0~15歳の子(孫)をもつ全国の保護者6116人(10~60代)を対象に実施した「子どもの“あそび”と“まなび”への意識と実態」に関する調査の結果をまとめ発表した。

それによると、「遊びの体験を通じて、子どもの様々な能力が引き出されているか」について聞いたところ、親全体の52.6%が「実感している」と回答。いまの遊び方に満足していない親は全体の56.5%だった。

子ども(孫)の現在の遊びについて最も不満に感じているところを聞いたところ、コロナ禍の影響もあり、「運動不足などの身体面」「視力低下などの健康面」などへの不満が目立った。

一方、理想の遊び方については、子どもの年齢を問わず「友人と、公園で、身体を動かす遊び」が最も多かった。

また、今回の調査では、子どもの約7割が現在習い事をしていることも判明。特に、0~3歳の乳幼児期のうち半数、4~6歳になるとおよそ3分の2は、学び・習い事をしている実態が明らかになった。

習い事で身につけさせたい能力を聞いたところ、「継続力」「集中力」「運動能力」が上位にあがり、学力テストや偏差値などのように点数や指標などで明確に認知できる認知能力よりも、子どもの将来や人生を豊かにする一連の能力を求める傾向が浮き彫りになった。

将来、子ども(孫)にどんな人になってほしいかを聞いた質問では、子どもが小さい時ほど期待する将来像は多岐に渡り、多くの能力やスキルを小さい頃から身につけて欲しいという親の希望が反映された結果になった。

中でも、「自己肯定感」「継続力」「倫理観」を身につけた人に育ってほしいという親が多く、社会で生きていくための大事なスキルを学ばせたいと思う親心が読み取れた。

この調査は、0~15歳の子(孫)をもつ、全国の10~60代の保護者を対象に、昨年12月にWEBアンケートの形で実施。サンプル数は6116人。

関連URL

調査結果の詳細

エデュテイメント研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 先生、私の弱点ってどこですか? スタディサプリ 塾・予備校向けサービス 無料オンライン説明会予約受付中
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス