1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 公文教育研究会、オンライン・プログラム『English ImmersionHour』の全国展開を開始

2021年3月16日

公文教育研究会、オンライン・プログラム『English ImmersionHour』の全国展開を開始

公文教育研究会は15日、Zoomを活用したオンライン・プログラム『English Immersion Hour』を、公文式英語を学習する全国の小学生に提供すると発表した。

これまでイマージョンプログラムとして『English Immersion Camp』を20年にわたり提供。そのノウハウを生かし、2 020年には同プログラムを九州・沖縄地区でパイロット実施し、今回の提供に至った。

小学3年生~6年生で一定の教材レベルまで進んだ学習者が対象となり、世界の様々な国々出身のグループリーダー(プログラムのファシリテーター)と共にそれぞれの国の文化や習慣などを英語で学び、もっと英語を使ってみたいという意識や意欲の向上に繋げる。

「自分の英語が通じた!」という喜びと共に、失敗を恐れずに英語を使う経験をたくさん積んでもらいたいと考え、同プログラムを開催。Zoomを利用し参加者をつなぎ、子ども3~4名とグループリーダー2名で1つのグループを作成。90分間の英語コミュニケーションにチャレンジする。グループリーダー達と英語でコミュニケーションを取りながら様々なアクティビティを行い、「英語を使う楽しさ」を子どもたちに伝えていく。

2021年度上半期は、5月23日の北海道を皮切りに、東北、中国四国、九州沖縄を実施予定。下半期に近畿、東海北陸、首都圏、関東甲信越での実施を予定している。参加の申込方法は、EIH公式HPから応募する。応募条件は、小学3年生から6年生で、公文式英語GⅠ教材以上を学習していること。料金は1000円 (税込/オンライン事前決済)で、定員は各回120名。

関連URL

EIH公式HP

公文教育研究会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら YubiPlus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス