1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. HelloWorld、英語練習システムを自社で開発しオンライン国際交流事業を開始

2021年4月5日

HelloWorld、英語練習システムを自社で開発しオンライン国際交流事業を開始

HelloWorldは1日、教育機関向けの英語プレゼンテーション練習システムのプロトタイプを開発し、3月18日、名護市教育委員会の協力のもと、名護市立名護中学校でプレゼン練習システムを活用したオンライン国際交流事業を実施したと発表した。

沖縄の中学生とタイの大学生が、自分たちの国の文化などを紹介するプレゼンテーションをしながら、プレゼン練習システムで英語を学ぶという新しい形の交流を実施。

授業は1時間沖縄の中学生とタイの大学生が、英語を共通言語として交流をはかるもの。沖縄の紹介、タイの紹介をそれぞれ考え、英語でプレゼンテーションを実施。最後はクイズを出しながらコミュニケーションをはかったという。

英語でのプレゼンテーション実施前には同社開発のプレゼンテーション練習システムのプロトタイプを活用。学生たちは、発話を通して正しい英語を学びながらリアルタイムでコミュニケーションをはかる能動的な姿勢、文法知識などを習得した。

同社は、沖縄県内の中学校英語教師や、英語教育を専門とする大学教授など専門家に監修してもらいながら英語練習システムを開発。英語の4技能「話す・聞く・読む・書く」のうち、「話す」技能の向上の必要性に着目し、パブリックスピーキングを練習する独自システムを開発した。現行のプロトタイプは音声認識技術を利用して学生が発話した英語を認識、発音の正確性を指摘し数値化するなど、学生のプレゼン練習をサポート。

今後はさらに技術改良を重ねて、議論の進行役となるAIファシリテーターを兼ね備えたビデオチャットシステム、パフォーマンス評価をサポートする評価機能などを搭載予定。集団授業で個別のフォローが難しい教員の課題を解決しつつ、参加者の議論を活性化させ、均衡な意見交換を図るシステムに改良していくという。

今回、初の実施となった独自システムを利用したオンライン国際交流は名護市教育委員会の協力のもとに実現。昨年から、沖縄県内の県立与勝高校、那覇市立松島中学校、県立那覇商業高校で実証実験を行い積み上げたノウハウを結集して実施した。

関連URL

HelloWorld

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス