1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ポプラ社、「子どもの学び事業」を新たに立ち上げ教育ICT分野に本格参入

2021年4月12日

ポプラ社、「子どもの学び事業」を新たに立ち上げ教育ICT分野に本格参入

ポプラ社は9日、学習現場の急速なデジタル化に対応するため、今年度新たに、子どもの学び事業「こどもっとラボ」を立ち上げ、教育ICT分野に本格参入すると発表した。

ポプラ社のこどもの学び事業「こどもっとラボ」ブランドサイトTOP

「こどもっとラボ」では、「あそびをもっと、まなびをもっと。」をコンセプトにしたコンテンツサービスおよび出版事業を展開していくが、それに先立ち9日に同ラボのブランドサイトを公開した。

同ラボ発の新サービスとして、小・中学校向け「GIGAスクール端末対応」の本と学びのコンテンツ「MottoSokka!(もっとそっか!)」を展開する。

「MottoSokka!」は、子ども一人ひとりが自分の関心に沿った「読書体験」や「探究体験」を通じて、好奇心からはじまる自発的な学びの循環を作り出す、同社の新サービスの総称。

その第1弾として、今年7月から、小・中学校向け電子書籍読み放題サービス「Yomokka!(よもっか!)」の自治体(教育委員会)・学校向けサービス提供を開始する。小学校は7月~、中学校は今秋~対応をスタート。

また、「Yomokka!」サービスの開始に先立ち、導入検討のための「デモID」の発行を4月に開始した。

「Yomokka!」は、いつでも・どこでも、思いのままに読書が楽しめる、冊数制限のない電子書籍読み放題のサブスクリプションサービス。

GIGAスクール端末を活用して、「朝の読書」の時間に好きな本を読んだり、休み時間や放課後、端末の持ち帰りができる自治体では自宅で続きを読んだりできる。

9月からは「朝日小学生新聞」で人気の「1面TOP」と「ニュースあれこれ」も読めるので、子どもたちが時事問題に関心をもつきっかけにもなる。

「Yomokka!」は、2021年度は利用料無料ですべてのサービスを提供する。2021年度は同社の作品だけを掲載し、4月時点では約300作品、2021年度中には約1000作品の掲載を予定。また、有料提供となる2022年度からは同社以外の作品も掲載していく。

「MottoSokka!」の第2弾は、「総合百科事典ポプラディア」発の調べ学習応援サービス「Sagasokka!(さがそっか!)」で、2022年4月の提供開始に向けて現在、準備中。内容は、ICT教育・調べ学習などに熱心な自治体で採用され、15年以上のサービス提供実績がある同社のインターネット百科事典「ポプラディアネット」の後継サービス。

また同社では、出版事業でも「総合百科事典ポプラディア第3版」の今年11月発売に向けて、4月から予約受付を開始。人気作家・ヨシタケシンスケ氏デザインの「ひゃっか王」をイメージキャラクターに決定し、メッセージイラストも初公開した。

関連URL

「こどもっとラボ」

「MottoSokka!」

「Yomokka!」

ポプラ社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス