1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 青山英語学院、映像教材「システムASSIST」が「IT導入補助金2021」の対象ツールに認定

2021年5月20日

青山英語学院、映像教材「システムASSIST」が「IT導入補助金2021」の対象ツールに認定

青山英語学院は18日、経済産業省が実施する「IT導入補助金2021」において「IT導入支援事業者」に採択され、同社が提供する「システムASSIST」が、補助金対象のITツール(低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D 類型))に認定されたことを発表した。

これにより、システム導入にかかる費用の2/3を国に補助してもらうことが可能。30万円から最大150万円の補助を受け取ることができる。

システムASSISTに内蔵された映像コンテンツは約6万5千。小学生から高校生まで、主要5科目を提供。映像はテキストをもとに作成し、導入から問題の解答解説まで丁寧な説明が収録。年間を通して使うテキスト、短期的に使用する定期テスト対策や季節講習、入試・検定対策のテキストなど種類が豊富で、レベルも基本のものから応用発展まで合わせて約330冊準備しているという。

ID利用数や研修サービスを導入する場合など、各学習塾に合わせたプランを用意。申請代行も可能。また、個別でオンライン説明実施中。希望のする人は申し込む。

導入例
新規で『映像教材システムASSIST』を導入する「300IDパッケージプラン」の場合
導入費用:69万円※
補助額:46万円
実質負担額:23万円
(※導入費用(69万円)の内訳は、初期費用:15万円、年間利用料:36万円(3万円×12カ月)、300ID利用費:18万円(600円×300ID))

関連URL

説明会申込

青山英語学院

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス