1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約47%の小中学生が学校以外でプログラミング学習を実施 =テラコヤプラス調べ=

2021年6月2日

約47%の小中学生が学校以外でプログラミング学習を実施 =テラコヤプラス調べ=

CyberOwlが運営する「テラコヤプラス by Ameba」は、小中学生の保護者を対象に「子どものプログラミング学習」に関するアンケート調査を実施し、5月31日、その結果を公表した。

小学校では2020年度より必修化、2021年度からは中学校でも必修化となった「プログラミング教育」。全国の小中学生の子どもがいる保護者500人を対象に、4月15日から29日にインターネットでアンケート調査を行った。

「プログラミング教育が必修化された(される)ことをどう思いますか?」に「はい」と回答したのは342人、全体の約7割の約68%。IT化が進み、早い段階から学んでおくことが大切と考えている保護者が多い。

「学校の授業以外で子どもにプログラミング学習の機会を設けていますか?」には約47%の234人が、「はい」と回答。男女比で見ると6対4で、男子がやや多め。

それらの保護者に、「プログラミング学習はいくつからはじめているか」という質問をしたところ、半数以上の方が小学校低学年からと回答。0~2歳からという保護者もいて、幼い頃からはじめている子が多い。小学校・中学校で必修化された影響もあるのではないか。

「プログラミング学習をはじめた理由」は様々だが、1番多かったのは、「子どもが興味あるため」で約34%。続いて「論理的思考力を身につけさせたいため」が約29%だった。

満足度については、「非常に満足」と「やや満足」と「普通」の合計が、全体の約8割。

調査の詳細

関連URL

テラコヤプラス by Ameba

CyberOwl

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス