1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ゲーム制作「テックスタジアム」、CGの本場のスキルを学ぶ2コースを開講

2021年6月3日

ゲーム制作「テックスタジアム」、CGの本場のスキルを学ぶ2コースを開講

LYUS(リュース)は2日、同社が運営する、ゲーム制作を学ぶオンラインスクール「テックスタジアム」で、実社会で役立つ技術と創造力を備えたCGクリエイターを育成するため、新たに「3DCGコース」と「アニメーションコース」の2つを開講すると発表した。

2コースとも、CGの本場・カナダのバンクーバーなどで活躍する現役のベテラン日本人アーティストが、マンツーマンでサポート。コース修了後は、日本企業だけでなく、海外へのCG就職や留学もサポートする。

また、海外研修ツアーとして、海外の有名CGスタジオ見学や学校訪問、海外現役CGアーティストとの交流会、作品レビュー会なども定期的に実施する予定。

「テックスタジアム」は、第一線で活躍するプロのクリエイターから、ゲーム制作の基礎から応用までを「完全オンライン」で学べるスクール。「ゲームクリエイターになりたい」人を、卒業後すぐに現場で働けるレベルにまで育成することを目的としている。

新コースの概要

内容:
CGの本場で活躍する現役のベテラン日本人アーティストから、マンツーマンでのフィードバックを受けながら、3DCG制作とアニメーション制作の基礎から応用までを学ぶ。ハリウッドスタジオの基本ソフトで、日本のゲーム業界や世界中のCG/VFX業界で使われているソフト「Maya」を主に使用
学べること:
・3DCG(モデリング、テクスチャ、ライティング)を作るスキル
・Mayaの基本から応用操作
・Zbrush、Substance Painter、Vray、アーノルドの基礎~応用
・3Dモデルへのモーション付け
・アニメーション制作の基礎~応用
・「みせ方」に関する基本知識
料金:13万2000円(税込)、入会金なし

詳細・申込
・「3DCGコース」
・「アニメーションコース」

関連URL

「テックスタジアム」

LYUS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス