1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ポプラ社、情報社会を生きる子どもたちに最初に読んで欲しい絵本を「絵本アプリ×企業出版」

2021年6月22日

ポプラ社、情報社会を生きる子どもたちに最初に読んで欲しい絵本を「絵本アプリ×企業出版」

ポプラ社は18日、アイフリークスマイルズの運営する絵本アプリ「森のえほん館」と紙の絵本の両方で、絵本「おしたらおしまい」を発表した。

スマートフォンやタブレットなどを通じて、これからインターネットに触れる小さな子どもたちに向けて作られた、ITリテラシーの”はじめの一歩”をわかりやすく学べる絵本。

本文は日本語、英語と中国語の三か国語で表記しており、グローバル教育のきっかけとしても活用できるという。シリーズ続編も絵本アプリ「森のえほん館」での配信が決定している。

「おしたらおしまい」

関連URL

森のえほん館

ポプラ社

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス