1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. みらい翻訳、ポータブル翻訳機をアプリ化した「e Talk5 みらいPFモデル」販売開始

2021年7月9日

みらい翻訳、ポータブル翻訳機をアプリ化した「e Talk5 みらいPFモデル」販売開始

みらい翻訳は7日、同社が日本国内で運営する音声翻訳サーバーのみを利用したポータブル翻訳機「eTalk5みらいPFモデル」をアプリ化した「eTalk5 みらいPFモデル APP」をTAKUMI JAPANで販売開始した。

尚、7日にはAndroid版の販売を開始し、iOS版の提供は準備ができ次第、提供を開始する予定。

同製品は、メイン機能である音声翻訳について、みらい翻訳の音声翻訳APIサービスを利用。みらい翻訳の音声翻訳APIサービスは情報セキュリティに関する国際規格であるISO/IEC 27001、ISO/IEC 27017に準拠し、さらに「政府機関における多言語自動翻訳システムの導入のための参照技術要件集」にも準拠し、みらい翻訳が日本国内で運営するサーバーのみを利用しているので、機微な情報を扱う場合のセキュリティが担保されている。このため、同製品は情報秘匿を重視する企業・行政・自治体等にお勧めの新商品だという。
さらにアプリ化したことで、スマートフォン・タブレットなどを活用して利用することが可能。

ポータブル翻訳機「eTalk5みらいPFモデル」は、昨年2020年11月に発売を開始した後、情報セキュリティ要件の厳しい最高裁判所、東京労働局で採用され、実績を順調に伸ばしている。同商品に関する問い合わせはTAKUMI JAPANの問い合わせページから連絡する。

関連URL

「eTalk5 みらいPFモデルAPP」

TAKUMI JAPAN問合せ

みらい翻訳

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス