1. トップ
  2. データ・資料
  3. グロービス、定額動画学習サービスのデータ使い「社会人の学び直し」実態調査

2021年7月28日

グロービス、定額動画学習サービスのデータ使い「社会人の学び直し」実態調査

グロービスは27日、同社の定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」の利用者の学習データを活用して実施した「社会人の学び直し実態調査」の結果をまとめ発表した。

視聴ランキングの推移 総合編(20年1月〜21年4月)

それによると、普遍的なビジネス知識の学習ニーズは、コロナ前・コロナ以後で大きな変化がないことが分かった。

「ロジックツリー」や「MECE」といった普遍的なビジネス知識を得られるコースが、「グロービス学び放題」の上位にランクインし、新型コロナの感染拡大前後でも、普遍的なビジネス知識に対する学習ニーズに大きな変化は見られなかった。

また、企業のDX需要が高まる中、2021年8月にはテクノベートカテゴリーの新コース「API」が上位にランクインした。

8月に公開された「API」コースが総合編、管理職編ともに上位にランクイン。企業のDX化が促進され、APIという言葉の認知や需要が高まったことから、上位にランクインした。

「API」は、Webアプリ開発の現場などでよく使われるもので、プログラムの機能をその他プログラムでも利用できるようにするルールのこと。

2020年の1月・4月には、「安全性分析」のコースがランクイン。社会人で学び直しをする学習者には、所属する企業の財務状況について分析し企業の倒産リスクや将来性を把握したいというニーズが存在することが分かった。

企業を取り巻く事業環境が急激に変化する中、「安全性分析」は今後さらに注目が集まる分野になることが考えられる。

この調査は、全国の「グロービス学び放題」個人契約会員を対象に、2020年1月1日~2021年4月30日(期間中に複数回実施)にかけて、インターネットによるアンケートという形で実施。

サンプル数(人)は、 2020年1月1日~1月31日4041人、 2020年4月1日~4月30日7006人、 2020年8月1日~8月31日5979人、 2021年4月1日~4月30日5470人。

関連URL

調査結果の詳細

「グロービス学び放題」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス