1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 成城大学、文科省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」に認定

2021年8月18日

成城大学、文科省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」に認定

成城大学は16日、「データサイエンス基礎力育成・認定プログラム」が、8月4日付けで文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に認定されたことを発表した。

データサイエンス基礎力育成・認定プログラムロゴ

この認定制度は、今年度から開始されたもので、数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行うものを文部科学大臣が認定及び選定して奨励することにより、数理・データサイエンス・AIに関する基礎的な能力の向上を図る機会の拡大に資することが目的で、認定ロゴ(MDASH : Approved for Mathematics, Data science and AI Smart Higher Education)を掲げることができる。

同大学は、2015年度から全ての学生が履修できるデータサイエンス科目群を開講し、データサイエンス教育を実践してきた。所定の単位を修得した学生には、「データサイエンス基礎力ディプロマ」と「EMSディプロマ」の2レベルのディプロマを認定し、それぞれ修了証を授与している。

今回、基礎力ディプロマに該当する教育プログラム「データサイエンス基礎力育成・認定プログラム」を申請し、「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」の認定を得た(認定有効期限は2026年3月31日まで)。

今後も「文系学生こそデータサイエンスを学ぼう」をモットーにデータサイエンス教育を推進していきたいという。

データサイエンスセンターPR動画 

関連URL

成城大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス