1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 金沢工業大学、文科省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム プラス」に選定

2021年8月11日

金沢工業大学、文科省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム プラス」に選定

金沢工業大学は6日、「KIT数理データサイエンス教育プログラム」が、文部科学省の「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に認定されたと発表した。

KIT数理データサイエンス教育プログラム(2022年度カリキュラムを含む)

先導的で独自の工夫・特色を有するものとして、「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)プラス」にも選定された。リテラシーレベル プラスに選定されたのは11大学で、私立大学は同大学、北海道医療大学、久留米工業大学の3大学。

同大学は、2022年度からデータサイエンスの3科目を全学部全学科の必修科目とし、さらに、データサイエンスとAIの素養を身につける「KIT数理データサイエンス教育プログラム」を整備した。

「KIT数理データサイエンス教育プログラム」は、社会におけるAI・データの利活用方法、データリテラシーなどについて学ぶ体系的な教育プログラムで、2020年度以降の入学生全員が対象。1年次に開講される「修学基礎A」「AI基礎」「プロジェクトデザイン入門(実験)」「プロジェクトデザインⅠ」「ICT基礎」の科目を通して、データ・AIの活用領域、利活用のための技術、最新動向と、データを読む・説明する・扱うスキル及び、データ・AI利活用における個人情報、データ倫理、AI社会原則等の留意点について学ぶ。

2022年度入学生からは、カリキュラムに「データサイエンス入門」「同 基礎Ⅰ」「同 基礎Ⅱ」の科目を追加。「AI応用Ⅰ」「IoT基礎」「ロボティクス基礎」「ネットワークセキュリティ」などの13科目を選択科目とし、数理・データサイエンス・AIを活用するためのデータを操作する実践的な知識・スキルを身につけるという。

関連URL

金沢工業大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス