1. トップ
  2. データ・資料
  3. 内定先の企業に入社を決めた理由1位は「携わる仕事内容」2位「人」=学情調べ=

2021年8月26日

内定先の企業に入社を決めた理由1位は「携わる仕事内容」2位「人」=学情調べ=

学情は24日、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施し、結果を公表した。今回は、「内定先企業」に関して調査した。


就職活動の状況について、62.2%の学生が「内定先に満足したので、就職活動を終了する(している)」と回答。昨年同時期比3.0ポイント増加。「内定先に満足しているが、より良い企業を探すために就職活動をする(している)」23.0%(昨年同時期比5.9ポイント減)、「内定先に不満なので、就職活動を続行する(している)」9.9%(同2.0ポイント減)に。2021年卒の学生は、就職活動の広報解禁後(2020年3月)に新型コロナウイルスの影響が出たものの、2022年卒の学生は実質的な就職活動のスタートとなるインターンシップ時期から、新型コロナウイルスによる影響(セミナーや選考のオンライン化)が織り込み済み。「オンラインで情報収集をする必要がある」という前提で就職活動をスタートしたことや、コロナ禍でも企業がスムーズに選考を進めていることから、昨年よりも内定先に満足している学生が多いという。

内定先の企業に入社を決めた理由として、特に当てはまるものは「携わる仕事内容」が29.4%で最多。次いで回答を集めた、「人(人事や社員の人柄や雰囲気)」(23.0%)は昨年同時期比4.8ポイント増加。コロナ禍で、インターンシップやセミナー、面接をオンラインで実施する企業が増加。オンラインだけでは「企業の雰囲気が分かりにくい」という課題があることが事前に分かっていたからこそ、2022年卒の学生は、オンラインで企業の雰囲気を体感できる機会や、リアルで情報収集する機会を有効活用しようと努めていたと推察される。WebセミナーやWeb面接を実施する際も、「動画」や「オンライン社内見学」など、オンラインで企業の雰囲気を体感できる機会を提供することや、リアルで直接会う機会を設けることが重要になっていると読み解ける結果に。

内定先の企業で働きたいと強く思ったタイミングは、「面接など選考を重ねていく中で徐々に」が34.1%で最多。次いで、「セミナー・会社説明会に参加した時」20.0%、「インターンシップに参加した時」18.1%と続く。昨年同時期と比較すると「就職活動を始める前から」が5.9ポイント増加した。

この調査は、6月21日~6月30日にかけて、「あさがくナビ2022」へのサイト来訪者(既に内定を獲得している学生が回答)を対象にWeb上でのアンケートで実施。有効回答数は、433人。

比較対象調査は、2020年6月22日~2020年6月30日にかけて、「あさがくナビ2022」へのサイト来訪者(既に内定を獲得している学生が回答)を対象にWeb上でのアンケートで実施。有効回答数は、604人。

関連URL

あさがくナビ(朝日学情ナビ)

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
事前登録制 お申し込み受付中 Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00-
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 基本機能だけならずっと無料 デジタル採点システム 無料Webセミナー 10/5(火) 16:30~開催 先着順にてお申し込み受付中 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス