1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22年卒の75.6%が「テレワークや在宅勤務の制度があれば利用したい」と回答 =学情調べ=

2021年8月25日

22年卒の75.6%が「テレワークや在宅勤務の制度があれば利用したい」と回答 =学情調べ=

学情は23日、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施し、結果を公表した。今回は、「働き方」に関して調査した。


テレワークや在宅勤務について、制度があれば「利用したい」「どちらかと言えば利用したい」と回答した学生が75.6%に。「利用したくない」「どちらかと言えば利用したくない」の回答は6.2%に留まっており、関心の高さがわかる。

働き方に関して、気になるポイントは「どのような職場・社員が働いているか」が最多に。94.6%の学生が「とても気になる」「少し気になる」と回答しており、関心の高さが分かる。次いで、「長時間の労働やサービス残業があるか」「有給休暇が取得しやすいか」と続く。「働き方改革」や「長時間労働の是正」などの報道が増えるなか、就職活動時にも「働きやすさ」が重視されていると推察される。また、コロナ禍で注目が高まった「時短勤務・リモートワーク・副業OKなどの柔軟な制度があるか」も、74.1%の学生が「とても気になる」「少し気になる」と回答しており、関心を持っている学生が多いことが分かる。

この調査は、6月21日~6月30日にかけて、「あさがくナビ2022へのサイト来訪者を対象に、Web上でのアンケートで実施。有効回答数は、642人。

比較対象の調査は、2020年6月22日~2020年6月30日にかけて、「あさがくナビ2021」へのサイト来訪者を対象に、Web上でのアンケートで実施した調査。有効回答数は、942人。

関連URL

あさがくナビ(朝日学情ナビ)

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス