1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「入社先の企業にテレワークの制度があったら利用したい」学生が79.1%=学情調べ=

2020年8月19日

「入社先の企業にテレワークの制度があったら利用したい」学生が79.1%=学情調べ=

学情は18日、新型コロナウイルスの感染拡大やテレワークの推奨を受け、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施したと発表した。

今回は、「テレワーク」に関しての調査。「入社先の企業にテレワークの制度があったら利用したいか」では、「利用したい」50.1%、「どちらかと言えば利用したい」29.0%となり、79.1%が「テレワークの実施」に前向き。

テレワークの実施に前向きな学生からは、「働き方の選択肢は多いほうがいいと思う」「テレワークも含めた働き方のほうが時代にあっていると思う」などの声が寄せられたという。

「入社後すぐのテレワーク」に対しては、「不安がある」28.0%、「どちらかと言えば不安がある」38.7%となっており、「不安がある」とした学生が66.7%。入社後すぐにテレワークとなっても不安はないとした学生21.4%(「不安がない」9.4%+「どちらかと言えば不安はない」12.0%)を大きく上回る結果となったという。

また、テレワークで「不安」に感じる項目は、「仕事の進め方の習得」が最多で81.6%、次いで「先輩や上司などの社内の人間関係」79.8%。仕事を進める流れやルールが分からないまま業務を進めることや、対面でのコミュニケーションが減少し、質問しにくくなることに不安を感じている学生が多いことが伺えるという。

今回の調査は「あさがくナビ2022」へのサイト来訪者を対象に、7月31日~8月7日にかけて、同サイト来訪者にアンケートのポップアップを表示したインターネットアンケート調査。有効回答数は682人。

関連URL

アンケートの詳細

あさがくナビ(朝日学情ナビ)

学情

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス