1. トップ
  2. データ・資料
  3. 就活で連絡がつきやすいツールは「LINE」が最多 =学情調べ=

2020年8月6日

就活で連絡がつきやすいツールは「LINE」が最多 =学情調べ=

学情は5日、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生853人を対象に実施した、「就職活動でのコミュニケーションツールに関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、就職活動で最も連絡がつきやすいツールを聞いたところ、「LINE」が52.3%で最多。次いで、「メール」44.3%、「電話」3.4%が続いた。

「LINE」を希望する人からは、「使い慣れていて便利」、「見逃す心配がない」などの声が寄せられた。

「日常生活でよく利用しているコミュニケーションツール」でも、「LINE」が93.9%で最多で、「電話」は9.0%にとどまった。「LINE」でのコミュニケーションに慣れ、「電話」を好まない、20代の特徴が表れる結果となっている。

また、就活の「早期」と「後期」では、学生がメインで使用するコミュニケーションツールが変化していることが分かった。

就活で最も連絡がつきやすいツールに関して、2021年卒は「メール」の回答が最多で61.7%となっており、2022卒より17.4ポイント増加。

「電話」の回答も5.2ポイント増加し、就活が進むにつれて、連絡を取りやすいと感じるツールが変化していることが伺える。

また、「LINEは電話の代わりに利用したい」、「LINEは日程調整など、すぐに返信が必要なやりとりのときに便利」などの声が挙がっており、就活で「LINE」は「メール」の代替ではなく、「電話」の代替として利用したいというニーズが伺える。

「就活の連絡でLINEを使用したいか」という質問では、「ぜひ利用したい」38.5%、「どちらかと言えば利用したい」33.2%となっており、71.7%が「利用したい」としている。

「利用したい」とした学生からも、「LINEは気軽に利用できる反面、どのような文面で返信すれば失礼がないか不安もある」、「メールと同じ文面だと堅苦しく感じるし、フランクになりすぎてもいけないので、送る文章に迷う」など、便利さや手軽さゆえの不安の声も寄せられた。

企業が採用活動でLINEを利用する際は、返信の仕方や、企業側が確認している時間などをあらかじめ学生に伝えておくと、学生も安心して利用できることが伺える。

また、就活の連絡でLINEを利用したい理由は、「使い慣れたツールだから」が72.2%、次いで「メールのように見逃してしまう心配がないから」53.4%だった。

この調査は、「あさがくナビ2022(通年採用対応ジョブ型 インターンシップサイト)」へのサイト来訪者を対象に、7月16日~28日にかけて、アンケートのポップアップを表示する形で実施。有効回答数は853人。

関連URL

調査結果の詳細

「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス