1. トップ
  2. データ・資料
  3. 就活で連絡がつきやすいツールは「LINE」が最多 =学情調べ=

2020年8月6日

就活で連絡がつきやすいツールは「LINE」が最多 =学情調べ=

学情は5日、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生853人を対象に実施した、「就職活動でのコミュニケーションツールに関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、就職活動で最も連絡がつきやすいツールを聞いたところ、「LINE」が52.3%で最多。次いで、「メール」44.3%、「電話」3.4%が続いた。

「LINE」を希望する人からは、「使い慣れていて便利」、「見逃す心配がない」などの声が寄せられた。

「日常生活でよく利用しているコミュニケーションツール」でも、「LINE」が93.9%で最多で、「電話」は9.0%にとどまった。「LINE」でのコミュニケーションに慣れ、「電話」を好まない、20代の特徴が表れる結果となっている。

また、就活の「早期」と「後期」では、学生がメインで使用するコミュニケーションツールが変化していることが分かった。

就活で最も連絡がつきやすいツールに関して、2021年卒は「メール」の回答が最多で61.7%となっており、2022卒より17.4ポイント増加。

「電話」の回答も5.2ポイント増加し、就活が進むにつれて、連絡を取りやすいと感じるツールが変化していることが伺える。

また、「LINEは電話の代わりに利用したい」、「LINEは日程調整など、すぐに返信が必要なやりとりのときに便利」などの声が挙がっており、就活で「LINE」は「メール」の代替ではなく、「電話」の代替として利用したいというニーズが伺える。

「就活の連絡でLINEを使用したいか」という質問では、「ぜひ利用したい」38.5%、「どちらかと言えば利用したい」33.2%となっており、71.7%が「利用したい」としている。

「利用したい」とした学生からも、「LINEは気軽に利用できる反面、どのような文面で返信すれば失礼がないか不安もある」、「メールと同じ文面だと堅苦しく感じるし、フランクになりすぎてもいけないので、送る文章に迷う」など、便利さや手軽さゆえの不安の声も寄せられた。

企業が採用活動でLINEを利用する際は、返信の仕方や、企業側が確認している時間などをあらかじめ学生に伝えておくと、学生も安心して利用できることが伺える。

また、就活の連絡でLINEを利用したい理由は、「使い慣れたツールだから」が72.2%、次いで「メールのように見逃してしまう心配がないから」53.4%だった。

この調査は、「あさがくナビ2022(通年採用対応ジョブ型 インターンシップサイト)」へのサイト来訪者を対象に、7月16日~28日にかけて、アンケートのポップアップを表示する形で実施。有効回答数は853人。

関連URL

調査結果の詳細

「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」

学情

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス