1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「バーチャル高校野球」、甲子園高校野球交流試合の全16試合をライブ中継

2020年8月6日

「バーチャル高校野球」、甲子園高校野球交流試合の全16試合をライブ中継

朝日新聞社は、朝日放送TVと共同で、運動通信社のスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」内で展開する「バーチャル高校野球」で、10日に開幕する「2020年甲子園高校野球交流試合」の全16試合をライブ中継する。

ライブ中継は、スマホ(アプリ・ブラウザー版)、PC、タブレットで、いつでもどこでも見ることができる。

また、今夏は新たな取り組みとして、KDDIの技術協力のもと、甲子園球場のバックネット、1塁側と3塁側ベンチ横の3箇所に360°カメラを設置。球場で観戦しているような臨場感あふれるVR映像を届ける。

試合終了後は1試合ごとにイニング動画、ハイライト動画、ノーカット動画も配信。もう1度見たいシーンをいつでも振り返ることができる。

イニング動画は得点シーンなどイニングごとの1シーンを切り取った動画で、ハイライト動画は試合の経過を5分ほどにまとめた動画。また、ノーカット動画は試合中の全てのプレーをまるごと見られる。

さらに、「特別な夏」に挑む高校球児たちにエールを届けるため、「バーチャル高校野球」サイトに応援メッセージが書き込めるページを新設する予定。応援している地域や学校の球児たちへ、今、伝えたい思いやエールが投稿できる。応援ページは7日にリリース予定。

「バーチャル高校野球」は、高校野球を動画やニュースでいつでもどこでも楽しめるサービスとして、2015年に朝日新聞社と旧朝日放送(現朝日放送グループホールディングス)が共同で開始した。

関連URL

「バーチャル高校野球」

「SPORTS BULL」

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス