1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「バーチャル高校野球」、高校野球独自大会1000試合以上を無料ライブ中継

2020年7月14日

「バーチャル高校野球」、高校野球独自大会1000試合以上を無料ライブ中継

朝日新聞社は13日、朝日放送TVと共同で、運動通信社のスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」内の「バーチャル高校野球」で、各地方で開催される高校野球独自大会を、1000試合以上無料ライブ中継すると発表した。

各都道府県で開催される高校野球独自大会の多くが無観客での開催で、現地での観戦がかなわない中、球児たちの戦いぶりをリアルタイムで届けるため、約1000試合のライブ中継を予定し、今後さらに拡大していく方針。

ライブ中継の最新情報は、「バーチャル高校野球」のサイトで随時更新していく。

また、ライブ中継以外でも、選手たちの全力プレーを記録し、繰り返し見ることができる「ノーカット動画」を、今夏の新たな取り組みとして配信する。

選手も、一瞬一瞬に懸けた戦いぶりを、家族や友人、指導者らと振り返って見ることができる。ライブ中継した試合は、後日ノーカット動画で視聴することができる(一部試合は除く)。

さらに、今春の選抜高校野球大会に出場予定だった32校を甲子園球場に招いて8月10日から開催する「2020年甲子園高校野球交流試合」の全16試合も、「バーチャル高校野球」でライブ中継する。

「バーチャル高校野球」は、高校野球を動画やニュースでいつでもどこでも楽しめるサービスとして、2015年に朝日新聞社と旧朝日放送(現朝日放送グループホールディングス)が共同で開始。

全国高校野球選手権大会をはじめ、国民体育大会の特別競技である高校野球競技(硬式)や明治神宮野球大会などのライブ中継を中心にコンテンツを拡大し、昨夏の高校野球シーズンには累計約2.8億PV、約2350万UBを達成した。

関連URL

「バーチャル高校野球」

スポーツブル

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス