1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 国立科学博物館、各地で観測された火球が隕石であることを確認

2020年7月14日

国立科学博物館、各地で観測された火球が隕石であることを確認

国立科学博物館は13日、千葉県習志野市に新しい隕石が落下したことを確認した。

習志野隕石(仮称:回収された2つの破片を組み合わせた写真)
国立科学博物館

今月2日午前2時32分頃、千葉県習志野市のマンションに隕石が落下した。5日に同館に調査が依頼され、約1週間のガンマ線測定が行われた結果、宇宙線により生成する放射性核種(宇宙線生成核種)が検出され、隕石であることが確認された。隕石の落下は2018年の小牧隕石以来2年ぶりで、国内で53番目に確認された隕石となる。

現在、大学や研究所の隕石研究者の協力を得て鉱物や希ガスの分析を進めており、約1カ月をかけて隕石の分類が確定したのち、国際隕石学会に名称を「習志野隕石」として登録申請する。

関連URL

国立科学博物館

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス