1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 国立科学博物館、各地で観測された火球が隕石であることを確認

2020年7月14日

国立科学博物館、各地で観測された火球が隕石であることを確認

国立科学博物館は13日、千葉県習志野市に新しい隕石が落下したことを確認した。

習志野隕石(仮称:回収された2つの破片を組み合わせた写真)
国立科学博物館

今月2日午前2時32分頃、千葉県習志野市のマンションに隕石が落下した。5日に同館に調査が依頼され、約1週間のガンマ線測定が行われた結果、宇宙線により生成する放射性核種(宇宙線生成核種)が検出され、隕石であることが確認された。隕石の落下は2018年の小牧隕石以来2年ぶりで、国内で53番目に確認された隕石となる。

現在、大学や研究所の隕石研究者の協力を得て鉱物や希ガスの分析を進めており、約1カ月をかけて隕石の分類が確定したのち、国際隕石学会に名称を「習志野隕石」として登録申請する。

関連URL

国立科学博物館

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス