1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ZOZO研究所、深層学習と集合マッチングのコーディネート選択 論文がECCVで採択

2020年7月14日

ZOZO研究所、深層学習と集合マッチングのコーディネート選択 論文がECCVで採択

ZOZOテクノロジーズは13日、同社の研究開発組織「ZOZO研究所」の研究員らが執筆した論文「Exchangeable Deep Neural Networks for Set-to-Set Matching and Learning」(邦題:置換不変ニューラルネットワークによる深層集合マッチング)が、European Conference on Computer Vision(以下、ECCV)2020に採択されたと発表した。

この研究成果は、同所研究員である斎藤侑輝氏、中村拓磨氏、共同研究者で和歌山大学講師である八谷大岳氏、統計数理研究所・総合研究大学院大学教授 福水健次氏によるもの。

ECCVは、CVPR・ICCVと並ぶコンピュータビジョン分野における世界三大国際会議の一つ。隔年ごとに開催されており、第16回目となる本年度は、5025本の投稿から1361本の論文が採択された。

ZOZO研究所では、「ファッションを数値化する」をミッションとして研究開発を行っている。

コンピュータビジョンの学会では近年、ファッションデータを扱う論文で、特にファッションアイテムの親和性推定やファッション画像の生成、ファッション画像向けキーポイント検出、ファッションアイテムの推薦システムをテーマにしたものが増えているなか、同所においても、ファッションアイテム推薦基盤の構築に力を入れており、この研究を行うに至ったとしている。

ZOZO研究所は、8月24日から27日にオンラインにて開催されるECCV 2020本会議にてポスター発表を行う。

関連URL<//h2>

「深層学習×集合マッチングによるコーディネート選択」

ZOZO研究所

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス