1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Imagine Cup 2018」に日本から3チーム出場、東大チームがベスト3入りの快挙

2018年8月6日

「Imagine Cup 2018」に日本から3チーム出場、東大チームがベスト3入りの快挙

Microsoftの主催する学生向けテクノロジーコンテスト「Imagine Cup 2018」が7月23日から3日間、米国シアトルで開催され、日本からは予選大会を勝ち抜いた3チームが参加、そのうち東京大学のMediated Earチームが世界大会第3位となった。

180803_blog02-1600x1066世界大会には、世界各地から選抜された33カ国49チームが参加、すべてのチームが母国語でない英語を巧みに操り、熱意にあふれるプレゼンテーション・デモを行って、多くの聴衆を魅了した。

日本から出場したのは、Emergensor (東京大学)、ezaki-lab (鳥羽商船高等学校)、Mediated Ear (東京大学) の3チーム。そのうち、昨年も世界大会へ出場したメンバーを含むMediated Earチームは決勝に進出し、全世界にライブストリーミング配信された決勝戦で、その高い技術力、プレゼンテーション能力を披露し、世界大会第3位という快挙を果たした。同チームはDeep Neural Networkを利用して、さまざまな音が混ざった入力音源から特定の人の音声のみを抽出するソフトウェアを開発した。

優勝したのは、カナダから参加したsmartARMチームで、目の前の物体を認識して最適な握り方を計算する義手を開発した。この義手にはカメラが内蔵されており、Microsoft Azure Computer Vision/Machine Learning/Cloud Storageなどの技術が活かされている。同チームには、今後プロジェクトを進めるための賞金8万5000ドルと、Microsoft Azureの助成金5万ドルが授与された。

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス