1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Imagine Cup 2018」に日本から3チーム出場、東大チームがベスト3入りの快挙

2018年8月6日

「Imagine Cup 2018」に日本から3チーム出場、東大チームがベスト3入りの快挙

Microsoftの主催する学生向けテクノロジーコンテスト「Imagine Cup 2018」が7月23日から3日間、米国シアトルで開催され、日本からは予選大会を勝ち抜いた3チームが参加、そのうち東京大学のMediated Earチームが世界大会第3位となった。

180803_blog02-1600x1066世界大会には、世界各地から選抜された33カ国49チームが参加、すべてのチームが母国語でない英語を巧みに操り、熱意にあふれるプレゼンテーション・デモを行って、多くの聴衆を魅了した。

日本から出場したのは、Emergensor (東京大学)、ezaki-lab (鳥羽商船高等学校)、Mediated Ear (東京大学) の3チーム。そのうち、昨年も世界大会へ出場したメンバーを含むMediated Earチームは決勝に進出し、全世界にライブストリーミング配信された決勝戦で、その高い技術力、プレゼンテーション能力を披露し、世界大会第3位という快挙を果たした。同チームはDeep Neural Networkを利用して、さまざまな音が混ざった入力音源から特定の人の音声のみを抽出するソフトウェアを開発した。

優勝したのは、カナダから参加したsmartARMチームで、目の前の物体を認識して最適な握り方を計算する義手を開発した。この義手にはカメラが内蔵されており、Microsoft Azure Computer Vision/Machine Learning/Cloud Storageなどの技術が活かされている。同チームには、今後プロジェクトを進めるための賞金8万5000ドルと、Microsoft Azureの助成金5万ドルが授与された。

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス