1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 日本マイクロソフト、「Imagine Cup」 日本予選大会出場チームを募集

2016年12月7日

日本マイクロソフト、「Imagine Cup」 日本予選大会出場チームを募集

日本マイクロソフトは6日、学生向けITコンテストImagine Cup日本予選大会を来年3月22日に開催、現在、出場学生チームを募集していると発表した。

同大会を通じ、日本の学生たちの起業マインド、グローバルコミュニケーション力、IT技術力を育て、国際競争力の向上に貢献することを目的に、日本予選大会で日本マイクロソフトは、グロービス/グロービス経営大学院、ベルリッツ・ジャパンの2社の協力のもと、Imagine Cupに参加する学生チームの世界大会(2017年7~8月開催)での活躍と入賞を目指す。

Imagine Cupは2003年に始まり、190を超える世界の国から延べ180万人以上の学生が参加。15周年を迎える今年、同大会はよりテクノロジーにフォーカスしたコンテストに生まれ変わるという。

最先端のテクノロジーを駆使した作品、テクノロジーの新しい使い方を提案するような作品、または技術的に深く極められた作品などの応募を期待。

Imagine Cupに参加する世界中の学生たちは、Imagine Cupに参加した後、マイクロソフトなどの企業の支援を受けながら起業し、世界中で活躍しているという。一方で、今までImagine Cupにチャレンジをしてきた日本の学生は、大会後起業する学生はごくわずかしかいなかった。また、英語が障壁となり、世界大会で入賞そのものを果たすことが難しいことが続いているという。

日本マイクロソフトは、Imagine Cupの日本予選大会への参加者全員に、開発に必要なツールやクラウド環境(Microsoft Azure)を無償提供するほか、技術的なワークショップやハッカソンを開催。また、1次選考通過の全チームに、日本マイクロソフト社員のテクニカルエバンジェリストによるメンタリング研修を提供するという。

第1次・第2次選考に残ったチーム(5~10チーム)は、来年3月22日開催のImagine Cup日本予選大会に出場し、そこで選出された2チームが日本代表として世界大会に挑む。

Imagine Cap 2017の開催概要

選考期間:2016年11月~2017年3月
日本予選大会:2017年3月22日(水)
世界大会:2017年7月~8月の間(賞金10万ドル(約1000万円))

関連URL

Imagine Cap公式ページ

 

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス