1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. IoT開発コンテスト「Imagine Blueアワード」応募締切迫る

2016年10月21日

IoT開発コンテスト「Imagine Blueアワード」応募締切迫る

Bluetooth Special Interest Groupは18日(米国時間)、Bluetoothを活用したIoT開発コンテスト「Imagine Blueアワード」の応募締切まで残り2ヵ月となったことを発表した。締切は12月13日。

本コンテストは、身の回りに見つかる課題を Bluetooth技術を活用して解決する画期的なIoTイノベーションを発表する機会を、開発者、メーカー、学生に提供するもの。試作品部門と学生部門の2部門があり、ファイナリストを2017年2月に発表する。

「Imagine Blueアワード」の応募者は、試作品部門と学生部門の2部門のいずれかに応募し、IoTを実現するアイデアの支援として5000米ドルから1万米ドルの賞金を獲得する機会が与えられる。

審査委員は各部門から5組のファイナリストと1組の受賞者を決定する。応募作品は、革新性、アイデアがどのように展開されているか、そのアイデアによって課題がどのように解決されているか、そのアイデアがどのように付加価値を創出しているか、さらには、アイデアを実現し市場に投入するための製造、出荷、流通戦略を含めて審査される。

応募する実物の試作品または実用レベルの試作品は、12月16日(金)までに「Imagine Blueアワード」事務局に届いている必要があり、使用説明書の同梱もする。

応募受付

関連URL

Imagine Blueアワード

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス