1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「Imagine Cup」アジア地区決勝大会、日本と香港の2チームが最優秀賞を受賞

2020年2月26日

「Imagine Cup」アジア地区決勝大会、日本と香港の2チームが最優秀賞を受賞

マイクロソフトが主催する世界有数の学生技術コンテスト「2020 Imagine Cup」のアジア地区決勝大会で、日本の「Team NUTONE」と香港の「Team Hollo」の2チームが最優秀賞を受賞した。同社が、アジア太平洋シンガポール時間2月19日に発表した。

左から、香港の Team Hollo (画像 1 、2) 日本のTeam NUTONE (画像 3)

Imagine Cupは、学生がテクノロジに対する想像力と情熱を駆使し、世界最大の課題となっている社会問題や環境問題、健康問題の解決に向け、革新的なソリューションを生み出すことを目指す大会で、2003年から毎年開催。

今年のアジア地区決勝大会は、Imagine Cup史上初めてMicrosoft Teamsで開催。日本、シンガポール、ネパール、インドネシア、インド、中国、香港の7カ国10チームのファイナリストが参加。

オンライン上で発明作品のプレゼンテーションを行い、5月に開催される世界大会の出場権をかけて競い合った。

今回優勝した2チームは、それぞれ現金8000米ドルの賞金と、Azureクレジット、そして Microsoft Build 2020で開催される世界大会決勝戦への切符を手に入れた。

両チームは世界大会で、米国、欧州、中東およびアフリカ(EMEA)地域からの優勝者らと対戦。世界大会優勝チームには、Imagine Cupのトロフィーと、現金10万米ドル、マイクロソフト最高経営責任者のサティア ナデラ氏(Satya Nadella)からのメンタリングセッション、5万米ドル分のAzure助成金が贈られる。

日本と香港のチームは、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」の機械学習と認識技術を活用して、個人およびコミュニティのアクセシビリティ改善や健康、生活の向上を実現するソリューションを構築。審査員から注目され、優勝を果たした。

日本の「Team NUTONE」が開発したのは、首につけるウェアラブルタイプの電気式人工喉頭(EL)で、声を失った人が再び話せるようになるというもの。

関連URL

Imagine Cup

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス