1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本マイクロソフト、「2020 Imagine Cup 世界大会」で日本のSyrinxが準優勝

2020年5月22日

日本マイクロソフト、「2020 Imagine Cup 世界大会」で日本のSyrinxが準優勝

日本マイクロソフトは20日、2020 Imagine Cup 世界大会で日本のSyrinxが準優勝したと発表した。

準優勝– Syrinx、日本

今年で 18 回目を迎える Imagine Cup は、テクノロジーに対する想像力と情熱を最大限活用し、学生達が社会における重要な課題の解決に向けて、革新的かつ包括的なソリューションを生み出すことを目指す大会。今回も世界中の数千人もの学生から、地域や世界のコミュニティにインパクトを与える可能性のあるイノベーティブなアイディアの応募があったという。

ハッカソン、オンライン・セミファイナル、そして Microsoft Teams を通じたバーチャルでの地域別決勝大会が行われ、最終的に6チームが2020年の優勝トロフィーをかけ最大の発表の舞台となるMicrosoft Buildデジタルイベントで行われる世界大会決勝戦の切符を手に入れた。

世界大会決勝戦は、決められた短い時間内でのプロジェクトプレゼンテーションで幕を開け、最終選考に進むファイナリストとして、香港のTeam Hollo、日本のTeam Syrinxと米国のTeam Tremor Visionが選ばれた。

世界大会では、セラピーを必要とする若者の受診を促進するため、Azure analyticsとAI サービスを活用したメンタルヘルスをサポートするウェブアプリケーションを開発した、香港大学のTeam Holloが優勝した。

日本のSyrinx は準優勝。声を失った人が再び話すことを可能とする、首に装着する電気式人工喉頭(EL)を開発。世界中で 30 万人以上の人々が毎年声を失っている。しかしながら、従来のELでは、ロボットのような単調な声しか作ることができず、発声の際に片手を使う必要がある。チームは、社交や意思疎通の妨げの原因となるこのような問題を解決したいと考えたという。

Syrinxの機器は、使用者の喉を震わせ、口の動作に合わせて音を作る。その際、Azure Notebooksの技術を利用してニューラルネットワークを使って声の特徴を学び、振動音を作成。これにより、Syrinxの機器を使用することで、男女の音声パターンの違いに関わらず、より自然な人間の声を作り出すことが可能になったという。

関連URL

日本マイクロソフト

日本マイクロソフト公式ブログ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス