1. トップ
  2. 学校・団体
  3. Drop、SDGs教材「iina」が私募債の贈呈品として津田学園中高に提供

2021年9月13日

Drop、SDGs教材「iina」が私募債の贈呈品として津田学園中高に提供

Dropは9日、同社が提供している中学校・高等学校向けのSDGs教材「iina」の有料版が、津田学園中学校・高等学校への私募債の贈呈品に選ばれたことを発表した。

iina教材贈呈式の記念撮影

iinaは、新学習指導要領によって生じた中学校・高等学校のSDGs教育への需要に対応した教材。コンセプトは、「学校の先生が1時間の予習でSDGs を教えられる」。提供する教材には、「スライド教材」「指導案」「ワークシート」が含まれる。「SDGsとは何か」「わたしたちの未来にどんな課題があるのか」など、SDGsに関する基本的なことから身近な課題について知ることから始められる教材。希望する学校には、一部の教材・指導案・ワークシートのセットを無料で提供。すべての教材を利用するには有料版の契約が必要。

津田学園中学校・高等学校では、新しい学習指導要領に基づく授業が、中学校では2021年度、高等学校では2022年度から始まり、SDGsが学校から注目を集め、入試問題に採用されるようになる。このような教育の変化を受けて、これまで以上にSDGsへの興味関心や理解を醸成するために、SDGs教材のiinaが選ばれたという。

私募債とは、企業が発行する社債(企業が発行する債券)の一種。iinaを津田学園中学校・高等学校に提供する際に利用した私募債は、大垣共立銀行の「OKB地域応援私募債 拍手喝債(SDGs賛同型)」。今回は、水谷精工による私募債発行によって、iinaが寄贈品として選ばれた。

関連URL

「Iina」

津田学園中学校・高等学校

水谷精工

Drop

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス