1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22卒学生、就活終了者の約82%が「コロナ禍でもアルバイト」実施=ジェイック調べ=

2021年9月15日

22卒学生、就活終了者の約82%が「コロナ禍でもアルバイト」実施=ジェイック調べ=

ジェイックは14日、2022年卒業予定の大学生289人を対象に実施した、「就職活動の状況に関するアンケート」の結果をまとめ発表した。


それによると、現在、最も時間を使っている活動について、就活を継続中の学生と終了した学生それぞれに聞いたところ、就活継続中の学生は、「就活」53.3%、「アルバイト」21.0%、「大学関連(授業、ゼミ、卒論等)」19.2%という結果だった。

一方で、就活を終了した学生は、「大学関連(授業、ゼミ、卒論等)」38.2%、「アルバイト」36.4%、「サークル活動、ボランティア活動、娯楽」18.2%となっており、両者は現在の生活に大きな差があることが分かった。

アルバイトの状況については、就活継続中の学生は69.7%、就活を終了した学生は81.8%がそれぞれアルバイトをしており、多くの学生がコロナ禍でもアルバイト先を見つけている一方で、就活継続中の学生は終了した学生に比べ、アルバイトをしている割合が低かった。

アルバイトをしていない理由については、「就活に集中するため」「学業に集中するため」「アルバイトをしたいと思っているが、採用されない(求人がない)」「アルバイトをしていたが、新型コロナの影響で解雇されてしまった」など、様々な理由が挙げられた。

また現在、就活に関して苦戦している点や不安を感じている点を聞いたところ(自由記述)、「どうしても最終面接で落ちてしまう」「どう就活したらいいか分からなくなってきた」「企業側の採用の枠が減っていることや自分の焦りもあり、選考に進みにくくなっている」などの声が寄せられた。

この調査は、同社の新卒向け就職支援サービス「新卒カレッジ」に登録した2022年卒業予定者を対象に、9月2日~5日にかけて実施。回答者数は289人(うち就活継続中の学生は167人)。

関連URL

調査結果の詳細

ジェイック

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス