1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22卒学生の半数以上が「働き方はリアルでもリモートでもどちらでもよい」と回答=ジェイック調べ=

2021年10月15日

22卒学生の半数以上が「働き方はリアルでもリモートでもどちらでもよい」と回答=ジェイック調べ=

ジェイックは14日、2022年卒業予定の学生261人を対象に実施した、「就職活動の状況に関するアンケート」の結果をまとめ発表した。


それによると、就活中に志望業界を変更したかどうかを聞いたところ、「変更した」49.8%、「変更しなかった」50.2%で、半々の回答になった。

また、志望業界を変更した就活生について、変更前の志望業界トップ3は「メーカー」「広告・出版」「IT・情報」で、変更後の志望業界トップ3は「メーカー」「わからない」「小売」だった。

志望業界を変更した理由については、「面接に通過しないから」29.0%、「自分に合っていないと感じたから」28.2%、「自分に合っている業界を見つけたから」26.7%。元々の志望業界でうまく選考に進むことができず、志望業界を変更した就活生が一定数いると考えられる。


希望する働き方について聞いたところ、在住地域が関東・その他地域ともにリアルがリモートを上回る結果となった。

また、その他地域の方がリアルでの働き方を希望する割合が高く、リモートについては関東・その他地域での差はほとんどなかった。最も多かった回答は「どちらでもよい」というもので、働き方についてリアルかリモートか、どちらかに強い希望を持つ就活生は少ない。

リアルでの働き方を希望する理由については、「対面形式で教えてもらう方が頭に入りやすいから」「初年度は社会人として働いたことのない状態なので、自宅で1人で仕事をするのが不安なため」「最初の業務はリアルで仕事を学び、社員同士との関わりを持って、良好な関係を築きたいから」などの声が寄せられた。

一方、リモートでの働き方を希望する理由については、「業務以外の個人的な勉強に割ける時間が増えるから」「通勤時間が無駄と感じるため」「リラックスして出来るから」「通勤の時間が短縮されるから」「コロナ禍がまだ終息したとは言えない」などの意見があがった。

この調査は、同社の新卒向け就職支援サービス「新卒カレッジ」に登録した2022年卒業予定者を対象に、10月4日〜7日にかけて実施。回答者数は261人。

関連URL

調査結果の詳細

ジェイック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務用PC 二要素認証ログイン 導入事例 秀明英光高等学校 かんたん操作で情報漏洩を防ぐ 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス