1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22卒学生の2人に1人が「オンラインで面接の対策や練習」=ジェイック調べ=

2021年8月19日

22卒学生の2人に1人が「オンラインで面接の対策や練習」=ジェイック調べ=

ジェイックは18日、2022年卒業予定の学生331人を対象に実施した、「就職活動の状況に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、面接対策・練習をどのように実施しているかを聞いたところ、「大学の就職課/キャリアセンター(オンライン)」33.9%、「民間の就職エージェント(オンライン)」30.8%で、両方を使っている学生数などを考慮すると、約2人に1人がオンラインで大学もしくは民間の就職エージェントを利用していることが分かった。

また、「自分で録画して見直す」12.9%、「友人同士で練習」10.8%、「面接アプリ等を活用」4.7%など、自分自身で創意工夫したり、周囲を巻き込んだりして練習している学生も一定数見られた。

一方で、「とくに行わなかった/行っていない」学生も29.2%おり、面接対策・練習に関する姿勢に違いが見られた。

面接対策・練習の満足度については、大学の就職課/キャリアセンターと民間の就職エージェントでは大きな差はなかった。

面接対策・練習に関して、どのようなやり方が効果的と感じるかとの質問には、「1つのテーマについて、2つ3つ関連質問をしてもらえると、自分が気づいていなかったことに気付けるので、ひとつの質問に対して少し深めに掘り下げてほしいと思う」、「Zoomなどで自分の顔を確認しながら面接する」などの意見が寄せられた。

また現在、就活に関して苦戦している点や不安を感じている点を聞いたところ、「WEBでの面接で成功率が圧倒的に低い点」、「内定取得後に内定承諾までにどの企業を選ぶかという基準について」、「やりたいことが無い故に志望動機が書けない」などの声が寄せられた。

この調査は、2022年卒業予定で、同社の就職支援サービス「新卒カレッジ」に登録した大学生を対象に、8月3日~8日にかけて実施。回答者数は331人。

関連URL

調査結果の詳細

ジェイック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス