1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. GMOの「GIGAスクール対応インターネット回線」、導入小中校が670校突破

2021年9月15日

GMOの「GIGAスクール対応インターネット回線」、導入小中校が670校突破

GMOインターネットは14日、同社のGIGAスクール対応教育機関専用インターネット回線「GMO光アクセス for Education」の導入小中学校が、9月1日現在で全国670校を突破したと発表した。

同回線は、GIGAスクールに対応した教育機関専用のインターネット回線サービスで、通信の劣化を極力低減。また、授業形態に合わせたネットワーク構成も可能で、オンライン授業の多い学校の環境にも対応している。

具体的には、一般個人・法人のトラフィックと教育機関のトラフィックを論理的に分離することで、学校への影響を極力低減。

また、本格的にICT教育を授業に組み込んでいくと、台数×稼働率×授業数という形で通信量は増えていくが、同回線は通信量の増大に伴う通信品質の劣化を極力低減するため、現時点の利用実態や今後のスケジュールに沿った学校毎のプランニングを提案している。

ICT教育でボトルネックとなるのは通信量だけではない。授業で利用するアプリケーションやソフトウェアによって必要とされるセッション数は大きく異なる。例えば、回線のセッション上限が10,000でYouTubeの平均セッションが100とした場合、100台の同時稼働が限界になる。

だが、同回線では、回線に加えて組み合わせるルーターを学校毎に選定し、学校の最大稼働数と授業形態に沿ったネットワーク構成を提案。

同回線の主な導入例は、東京・あきる野市、愛知・蒲郡市、東京・狛江市、神奈川・寒川町、神奈川・茅ケ崎市、山形・東根市、神奈川・藤沢市など。

関連URL

「GMO光アクセス for Education」

GMOインターネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス