1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. マイクロソフトが「Minecraft: Education Edition アーリーアクセス」の提供開始

2016年6月10日

マイクロソフトが「Minecraft: Education Edition アーリーアクセス」の提供開始

マイクロソフトは10日、「Minecraft: Education Edition アーリーアクセス」の提供を全世界で開始した。また、「Minecraft: Education Edition」の製品版を9月に発売を予定している。

「Minecraft: Education Edition」は、ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」の教育版。今回提供を開始した「Minecraft: Education Edition アーリーアクセス」は、「Minecraft: Education Edition」の早期導入版と位置づけられており、学校などの教育機関は無償で利用できる。

最大で30名の学習者がMinecraft内の1つのワールドに参加することができる協働学習機能、ワールド内の写真を撮ったり、その記録を閲覧したりすることができるカメラとポートフォリオなどを実装。

9月には、「Minecraft: Education Edition」の製品版の発売を予定している。

関連URL

日本マイクロソフト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス