1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 有明高専、マッチングラボ第2弾「センシングモジュール統合設計ラボ」設立

2021年9月16日

有明高専、マッチングラボ第2弾「センシングモジュール統合設計ラボ」設立

有明工業高等専門学校(福岡県大牟田市)は15日、マッチングラボ第2号として「センシングモジュール統合設計ラボ」を設立したと明らかにした。

同校の地域共同テクノセンターでは、新しい産学連携の仕組みとして「マッチングラボ」制度を創設。高専内に専用の研究室を設けて、企業名およびラボ名を学内に掲示し、2年間の継続した研究を行っている。マッチングラボでは教員・学生グループと企業のエンジニアが連携して研究を推進し、研究だけでなく人材を育成を目的としている。

このたび、佐賀エレクトロニックスと連携し「センシングモジュール統合設計ラボ」を設立した。研究期間は2021年5月1日~2023年4月30日。静電気対策のためのセンサモジュールを佐賀エレクトロニックスと共同で開発し、その過程で、機構設計、電気回路設計、ソフトウェアを統合的に設計できる人材の育成を目指す。学生がセンシングモジュールを題材として回路設計やプログラミングだけでなく、センシングに必要な部品の機械加工までを行う。

最近ではさまざまな分野の技術を複合して開発することが増えてきており、同校では複合分野の知識を持つ人材育成が、日本の技術力向上のためにも重要な課題であると考えている。

関連URL

有明工業高等専門学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス