1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 学習分析学会、「2021年度第2回JASLA研究会」12月11日開催 発表者を募集

2021年9月27日

学習分析学会、「2021年度第2回JASLA研究会」12月11日開催 発表者を募集

学習分析学会(JASLA)は、「2021年度第2回JASLA研究会」12月11日に開催する。開催に伴い、発表者を募集している。

コロナ禍のなか、教育現場の混乱が続いている。初中等、高等、企業、生涯、いずれの現場においても、オンライン授業の環境を急遽整備し、従来とは異なる状況で授業を実施せざるを得ない状況。一方で、教育の情報化が今までにないスピードで普及し、いわゆる「教育DX」の萌芽も見え始めてきたという。

同研究会では、学習履歴データの取得・分析・利活用に関する発表を広く募集。教育現場で様々な種類の履歴データが蓄積されはじめた現在、この分析や利活用に関する研究は、「研究としての正しさ」だけでなく「教育の現場にどう役立つか」も問われている。

参加対象者は、教育データの利活用に興味がある研究者・教員・管理者、教育データの利活用を検討中の企業の人、オンライン授業に関心がある人など。

開催概要

開催日時:12月11日(土)午後
開催形式:ハイフレックスまたはオンライン(zoom)
開催会場:上智大学(ハイフレックスの場合の対面会場)
参加費:無料
基調講演:戸ヶ﨑勤氏(埼玉県戸田市教育委員会 教育長)
参加申込締切:12月11日(土)12:00

参加申込

発表募集要項
発表申込締切:11月19日(金)※申込み後に題目等を加筆・修正することは可能
発表原稿・スライド提出締切:12月9日(木)
※予稿原稿なし、スライドのみの発表も可(スライドは全員提出)
※予稿原稿は、JASLA論文誌のテンプレートを利用する。
発表時間:25分(発表18分、質疑7分)を予定

発表申込

原稿提出

詳細

関連URL

JASLA論文誌のテンプレート

JASLA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス