1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 桜美林大学、2023年4月 「教育探究科学群(仮称)」 設置構想準備中

2021年9月27日

桜美林大学、2023年4月 「教育探究科学群(仮称)」 設置構想準備中

桜美林大学は22日、2023年4月に新たな学群「教育探究科学群(仮称)」の開設を目指し、設置を構想していると発表した。

同大学初の教育学分野の学群設置であり、「探究」を学群名に冠した。未来が不確実だと言われ、様々な問題に直面している時代だからこそ、その時々の最適解を仲間とともに探せる人材が社会で求められており、同大学は自己変革力を持った人材を育成するという。

教育探究科学群は、教員養成ではなく、教育学を土台として探究型のカリキュラムを構築し、学びの場を提供。教育学は本来的によりよく生きようとする人間の成長や、平和で豊かな社会のあり方を研究対象とする学問であり、教員養成にとどまらない。

教育探究科学群(仮称)の5つの特徴は、①好奇心から始まるゼミ、②未知を探究するフィールドワーク、③学術で掘り下げるリサーチメソッド、④Breakthroughするクオーター制、⑤「教えて、学ぶ」ピアラーニング。

卒業後の進路・資格としては、経営・人材コンサルティング業界、マーケティングリサーチ業界、教育業界をはじめ、同学群で身につく経験に裏打ちされた主体性とデータリテラシースキルは幅広い進路で役立つ。また、大学院進学で更に高度なスキルや視座を得ることも推奨している。

教育探究科学群の概要
学群・学類名称:教育探究科学群教育探究科学類(仮称)
教育課程の概要:
1. 基礎・外国語・教養系科目群
2. 教育学系科目群(教育学の基盤科目及び教育学関連諸科目)
3. 教育探究科目群(主に研究スキル、基礎・応用演習)
取得可能な資格:社会調査士、社会教育士
入学定員:150人(予定)
開設時期:2023年4月(予定)
開設場所:〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺4丁目16−1
桜美林大学 プラネット淵野辺キャンパス(PFC)(予定)

関連URL

桜美林大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス