1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学研塾×やる気スイッチ、次世代型学習モデルの開発に向け合弁会社を設立

2021年9月29日

学研塾×やる気スイッチ、次世代型学習モデルの開発に向け合弁会社を設立

学研塾ホールディングスは28日、やる気スイッチグループと、次世代型学習モデルの開発と展開を行う合弁会社「YGC」を設立したと発表した。


この新会社は、学研塾ホールディングスのAIを活用した個別最適化学習システムと、やる気スイッチグループの「やる気スイッチ」が入った指導メソッドを融合して、自立的に学習するための、次世代型学習モデルを開発・展開する。

新会社による新しい学習モデルは、まずはグループ施設の一部の中学生会員を対象に、既存のサービスに付加するコンテンツとして提供する。

学研塾ホールディングスは、学研ホールディングスのグループ企業として2010年に設立。学研グループの教室・塾事業をはじめとする、総合的な教育支援事業を行っている。

一方、やる気スイッチグループは、個別指導学習塾「スクールIE」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ」など7つのスクールブランドを展開する総合教育サービス会社。現在、国内外で1900以上の教室を展開し、11万人以上の子どもたちの学びをサポートしている。

新会社の概要

会社名:株式会社「YGC」
所在地:東京都品川区
代表者:
・代表取締役社長:渡辺栄氏(やる気スイッチグループから出向)
・代表取締役会長:山下徹二氏(兼務:学研塾ホールディングス取締役)
設立年月日:2021年9月10日(金)
主な事業内容:各種教室への次世代型学習コンテンツの提供、及び新たな教室パッケージの開発と展開
「YGC」ホームページ 

関連URL

やる気スイッチグループ

学研グループ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス