1. トップ
  2. 学校・団体
  3. カタリバ、noteと連携し校則見直しに取り組む全国12校の生徒たちの情報発信をサポート

2021年9月29日

カタリバ、noteと連携し校則見直しに取り組む全国12校の生徒たちの情報発信をサポート

カタリバは27日、noteと連携し、生徒主体で校則を見直す「みんなのルールメイキングプロジェクト」で、全国12校の生徒たちの情報発信をサポートすると発表した。

経済産業省「未来の教室」実証事業として、2019年から生徒主体で校則やルールを見直す、同プロジェクトに取り組み、生徒たちの校則見直しをサポート。

「ブラック校則」と校則を非難したり、生徒対学校という対立構造に当てはめるのではなく、生徒が主体となり、先生・保護者などとの対話を重ね、納得解を作ることを通して、課題発見・合意形成・意思決定をする力を高めることを目指す。

重要なのは、「校則が変わった/変わらなかった」という結果ではなく、ステークホルダーとの対話を重ねて答えを見つける経験、プロセスだという。

協働により、校則見直しに取り組む全国の中高12校がnote proアカウントを開設し、情報発信をスタート。各学校の記事は、同プロジェクト公式noteでまとめて紹介する。

10月20日には、「noteをつかった創作のたのしみかた」をテーマに、12校の生徒たちに、noteのディレクターがオンライン授業をする。

さらに、ワクワクする学校の未来をつくる校則のアイデアをnoteで募集するお題企画、「#みらいの校則」をスタート。アイデアはnoteの教育アカウントやカタリバの公式note、公式SNSなどで紹介する。

「みんなのルールメイキングプロジェクト」公式noteアカウント

お題企画「#みらいの校則」

関連URL

note

カタリバ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス