1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Turnitin、「Gradescope」で日本語インターフェースパイロット版を提供開始

2021年10月1日

Turnitin、「Gradescope」で日本語インターフェースパイロット版を提供開始

Turnitin(ターンイットイン)は9月29日、同社が提供するデジタル採点の学習評価プラットフォーム「Gradescope(グレードスコープ)」の日本語インターフェースパイロット版の提供を開始した。これによりGradescopeは、英語、スペイン語、日本語と3カ国語対応になる。

Gradescopeの学習評価プラットフォームは、紙ベースのみならず、オンラインの課題やソースコードの課題であっても、作成、採点、管理が可能。対面授業、オンライン授業、ハイブリッド型学習において、様々な科目と問題形式に対応。教員は採点にかかる時間を大幅に短縮し、授業の質を保ち、学生との時間を増やすことが可能。Gradescopeの革新性とインパクトは、EdTech Breakthrough、EdTech Digest、SaaS、SIIA CODiE、Tech & Learning等から高い評価を受けているという。

2010年以来、200を超える日本の教育機関や研究機関がTurnitinのソリューションを導入し、アカデミック・インテグリティの強化と採点業務の効率化を進めている。国内の教育機関の需要の高まりを受け、Turnitinは2020年に日本法人を設立し、よりきめ細やかなカスタマーサービスを提供。アジア太平洋地域の現地法人としては、オーストラリア、インドネシア、フィリピン、韓国に続き、5カ国目。日本国外では約2600の大学等において11万人以上の教育者がGradescopeを利用しており、学習効果の最大化を実現させているという。

無料トライアルを希望する場合は問い合わせる。
問い合せ先:japan-sales@turnitin.com

関連URL

Turnitin

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス